やっと時が解決した

時が解決18歳の時お父さんが余命宣告の末期がんになって入院中、昔共同経営していた人から突然私の携帯に連絡が入った。大学に入学したて、幼いころに会ったことあるうる覚えのあるオジサンという感覚。その人が代表取締役でお父さんは社長というような具合だったみたい。お父さんとは経営方針が合わずにお父さんはいわゆる左遷。そして淡路島で新たに根をはりつつ工務店を営んでいた。入院中、連絡先として貼っておいたメモの…

続きを読む

「灯」~エンデから受け取ったメッセージ、そして「継」

毎日更新するって宣言していたくせに、更新をとめてしまって本当にごめんなさい。ブログを綴るきっかけをいただいた高橋社長はじめ、読んでくださってた方に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。どんなに忙しくても眠たくても何があっても根性で綴ってきてたのに自分でも悔しくて情けなくて。ブログがとまったことであたたかいお言葉をいただいた方たちのおかげでメンタル弱い私ですがやっぱり綴りたいってなりました。これか…

続きを読む

父の日

父の日母は仁なり、父は道なりまさしく私にはこの言葉がぴったりで、父の言葉は何年経っても突き刺さっていて人生という道の中での指針になってる気がします。廻りにはメッセージがいっぱいある。そう言われている気がしてきた16年間。まさにその通りでした。今日もそうでした。なので、子連れ覚悟の上出席してきました。子供達が思ったよりつきあってくれて3社のプレゼンおおまかに聴けました。建設職人甲子園 大阪大会壇上…

続きを読む