子ども肌着

春にむけて
子どもたち、あっという間に大きくなります。
去年の夏、まこが裸足脱走で靴をはいてくれない時がありました。
靴が小さくなっていることに気づくのが遅くて・・・
爪が伸びているのに気づくのが遅くて保育園の先生に言われて爪切りすることも多々あります(汗)
成長早い!!!と言い訳にしながらも毎日洗濯する肌着に関しては一番に気が付きます。
そろそろサイズが小さくなってきているし、けっこう着まわしてる感でてきました。
今日は春に向けて肌着を購入検討で選んでいました。
進級にむけての準備もあるし・・・

肌着
私は綿100%の肌着を産まれた時から子どもたちに着せています。
同じ綿でもお店で手に取るとその違いがありますし、洗濯するとやはり違いがよくわかります。
肌に直接触れる部分には・・・通気性や保温性があるほうがいいなって。
毎日着まわしてくたくたになっても、サイズが小さくなっても捨てられずにいた私でしたが、
ウエスにすることで気持ちが救われました(笑)
ウエスにして家の掃除に使用しています。

フライス編みの綿素材。平織りされた綿のモスリン生地。手にとった感触が大好きです。
着ている間も、最後、ウエスにしておそうじする時も綺麗に汚れが落ちます。
最後まで気持ちいいんです。

やはりここにも呼吸が失われていないなって、食も、住もみーんなつながってくる摂理を感じます。

赤ちゃんの時に着ていた服で状態が良いのは衣装ケースに保管しています。
時折保存状態チェックです。
kodomohuku.jpg
ひしめきあっていますが、何でも風通しって言いますよね。

風通し
「この家がこうしていまだに状態がいいのはなんでかわかるか?」
木?土?家の素材かな?って思いながら「なぜですか?」と聞いたとき
「風」
といったおじいさんの言葉が忘れられないでずっと心に残っています。
出石のとある資料館になっているお屋敷に行ったときに館長さんかな?高齢のおじいさんが家のことについていっぱい話してくれたことがあるのですが、笑顔で淡々と語るおじいさんが忘れられないんです。私はこういう人と出会ったとき時間を忘れて聞き入ってしまう癖があります。

生きている以上呼吸を妨げないってことに敏感に反応してしまう私です。

家づくりも風通し。肌着と一緒だと思いませんか?(*^_^*)

**********************
こちらも読んでください♪
主人のブログです↓↓↓
『愛のある人になりたい』

ー2月のお知らせー
♦HPリニューアル中
ただいまHPリニューアル中です。
恐れ入りますがお問い合わせは下記にお願いいたします。
akitekentiku@nike.eonet.ne.jp

♦家づくりへの気持ちが芽生えたら・・・
   自分たちにはどんな家が向いているのか?整理しませんか?
 家づくりに関する情報収集をする前にまずは自分の内なる想いをまとめてください。
 情報収集に役立ちます。
 BASEシート無料作成します。
 ・自分のイメージする家をコラージュします。
  コラージュシートイメージ
  collagesheet.JPG
 ・ヒアリングを通してライフスタイルの確認やご希望、見直しなどができるシートを作ります。
 ・未来を見据えたご家族にあった無理のない資金計画をたてます。

 遠慮なく、ご相談ください。
 BASEシートをご希望の方へ
  ただいま、HPリニューアル中につきアクセスができない状態です。
 お問い合わせは下記アドレスにお願いいたします。
 akitakentiku@nike.eonet.ne.jp






この記事へのコメント