思考の整理とコミュニケーション

夫婦での取り組み
個人の生きがいや今年の目標はあるけど、sonebaseとしての今年の目標や私たちだからこそ提供できる価値などを見直すべく奮闘しています。それぞれが孤軍奮闘していてはsonebaseではないので夫婦で足並みそろえていくべく話し合いを設けております。
夫婦という最小単位ですが強みは凹凸コンビだというところでしょうか?
それぞれ役割分担があること。そしてそれをがっちりはめていこうと。
凸が凹を理解するには凹になろうとすることではないです。凸にない考え方を認めて尊重することでしょうか?
互いの持っているものが何かを理解し、補えあえばいいんです。
私はface-to-faceコミュニケーションを大切にしています。
やはり、会って話すことで言葉、非言語双方から伝わるコミュニケーションが相互理解につながると信じているからです。

思考の整理
私は紙に殴り書きします。
頭に浮かぶこと、思いつくこと、知りたいと思って調べたこと、それでもまだ知りたいがとまらないときは今の自分の中にある直感的にこれしてみようもとりいれます。
お片付け作業と同じです。
全部出し。
思考の整理にもあてはめて今取り組み中です。
その後は分類します。
どう分けるかは私の癖にあわせてしまいがちなので、ここから夫婦で取り組みして極めていきたいと考えています。
整理整頓の習慣はコミュニケーションの場にも生かされると感じます。
相手をおもてなしするときに、わやくちゃながらも整えようと試みるのは相手に気持ちよく過ごしてほしいと思う気持ちが働くからではないでしょうか?
自分の考えを全部出ししたらある程度整えて話をするのも同じことですよね。
散らかったままだとどこに何を片付けていいのかわからないと思いながらも、ついついやってしまいがちな散らかったまま話すことを改めていこうと思います。全てのシーンではちょっと・・・なので大切な話をするときはね。

夕暮れ時に「お月様が半分こ~」とまこ。
帰ってサラダボウルを作るとお月様みたいに見えました。
みずみずしいリーフレタスの存在感が月明かりとだぶります。
greenmoon.jpg
私にとってですが、美しく感じる姿から放たれている価値はいたってシンプルな表れで・・・
掃除に片付け、お料理や創作、愛着ある道具や日常の暮らし事には言葉にし難い全てに通ずるヒントがいっぱい秘められている気がしてならないです。
神秘的だからやめられない(*^_^*)



この記事へのコメント