子どもに戻った日

お正月
いつもおばちゃんの御節が楽しみで、年に一度親戚の家でみんなで集まる日がないとお正月を過ごした気持ちにならない私です。
みんなの話しているいろーんな会話をきいてるのが好きです。
今日もとても賑やかな時間でした。
子どもたちも年々成長してきていて、お年玉を頂戴する時に正座して新年のあいさつをします。
子ども時代を思い出す懐かしさと今私たちが子どもたちにしていることが不思議でした。
aisatu.jpg
みんな並んで順番にお年玉を頂戴しております(笑)

従妹のお姉ちゃんが子どもたちに好きな物を買ってくれるというお買い物も楽しんできました。
めいっぱいの人があふれるショッピングモール。
姪っ子3姉妹と我が家の子どもたち2人、大人7人でおもちゃ屋さん、ディズニーショップ、サンリオショップと子どもたちの好きな物探しにぐるぐるお店を廻りました。

好きなおもちゃを選び、お菓子のつかみどりもあり、お年玉も頂戴し、そして美味しい御節を食べて・・・
なんて贅沢な!!普段味わえないことを子どもたちはたっぷりと味わっておりました。
家族で集まる行事、私は決してはっちゃけるタイプでないけどわやくちゃな感じ妙に落ち着くんですよね。
親だけでなく、いろんな世代の人たちの中で受け入れられて過ごす時間を通して子どもたちに知らず知らずインプットされているよなぁと思うことがあります。
それは愛です。
愛の何たるやなんて語る資格もないですが
家族や仲間の興味、関心の中で育つと愛がみつかると思っていますし、大きくなってもきっと自分で見つけることができると信じています。

迷子になる
今日私はみんなで買い物中にプチ迷子になりました(汗)
ディズニーショップにみんなで入ったとき、釘付けになってしまったのがあって・・・
子どもたちそっちのけでどれだけ見入ってだろうかと・・・
妹の電話でブチ切れされてはっとするという・・・(汗)
実は私のマグカップが立て続けに割れて湯呑生活だったんです。
そういった背景があったことと、絵のタッチに心のときめきバロメーターが一瞬で炎上しました。
まさに出会いだわ~なんて都合よく一瞬で思い込みましたし・・・
mentalup.jpg
ティンカーベルのマグカップを自分用にしちゃいました(*^_^*)

ディズニーのプリンセスシリーズの中で私は断トツトップで美女と野獣のベルがたまらなく好きなのですが、何でもいいって訳でなくて同じディズニーでも絵のタッチがあるんです!!
ベルがいなくて、ティンカーベルになったんですが、こういう優しい感じのタッチがたまらなくて、それでもベルがいないことで買うかどうするかかなりの時間を費やしてしまったんです。

従妹のお姉ちゃんは迷子になった私のことを、「お店入ってからずっとそこにおったんやろ」って私の行動を把握してました。
そのことにびっくりしました。
さすが子どもたちの心わしづかみにするな~って思ったのと、やっぱりみんなに興味、関心もってるからこそのなんか貫禄を感じました。
愛を感じましたね~。
お見通しな上におおらかに受け入れられる感覚。
愛は興味、関心をもつことから生まれると思うな~って思った日でした。

帰ってきて早速ロースヒップティーをいただきながらブログ綴りました。
好きなタッチの絵。見るたびキュンとなります。
これでベルのマグカップもでてきたら、確実仲間入りしますね~(*^_^*)

マグカップが入っていた空き箱はアロマオイル入れになります(*^_^*)
このこともまた最高にぴったり~とテンションあがる要因になりました。
tinkerbell.jpg
このシリーズはラプンチェルとアリエルとこのティンカーベルがありました。
あ~ベルがでてこないかな~・・・

エルサブームのまこが「うわ~かわいい~」って一緒に喜んでて、なんか分かち合えると嬉しさ倍増になった私です。
ええ年して少女時代に戻った日でした。


この記事へのコメント