2017年私の在り方

新年あけましておめでとうございます
日笠山からの初日の出は迫力と神々しさを感じました。
朝もやの中からはじめは一筋のまぶしい光を感じます。
その後にまるで背伸びするようにぐーーーっと昇ってきます。
一刻一刻動いていること、日は必ず昇ること、自然と体が調和する感覚でした。
子どもたちが横で「お日様~おはよう」って挨拶してるのが微笑ましかったです。
その後、曽根天満宮で初詣。お手水の水が冷たくて冷たくて、
「おかーちゃん!!お手手がつめたくて痛いよー」ってすっかり言わなくても上手になったお手水をした子どもたちがてんやわんやになった初詣でした。

2017hatuhinode.jpg


昨年、家族みんなで元気に過ごすことができたお礼と人の温かさが身に染みた一年になったご報告をしました。
そして、今年一年私はこう在りますのでどうぞ家族一同、ご縁のあった皆様やこれから出会う人達が笑顔で一年過ごすことができるようお守りくださいとお祈りしました。
毎月のお参りとほぼ変わらないご報告ですが、やはり元旦、早朝は背筋がいつも以上に伸びますね。

在り方
私は今年「極」という目標をたてました。
昨年、「灯」という目標をたてたら私は「継」という気持ちで一年幕をおろしました。

これまで自分が受けてきたことを大切にすること。
これまで支えてきてくださった人たちに何かできることをしたいと思うこと。
これから出会う人たちにきちんと渡せる価値を今以上に見出すこと。

これらを今一度見つめなおし、今以上に高められるように1年過ごしていくよう努めてまいります。

大いなる自然への感謝と恩返しが私の終身の計です。
その終身は何歳とかまで生きるとかでなくいつ死んでもと思ってもいます。
子どもたち、そのまた子どもたちが今日のように初日の出を拝むとき、思いっきり深呼吸して自然の恩恵をうけて生きていることを感じていてほしい。そんな未来が続くように・・・

自然を感じ、感謝の気持ちがあふれるような社会になってほしい。
生きている以上、みんな呼吸してることを忘れないでほしい。

暮らしの中にはいっぱいこういったことを感じる、そして知る場面がいっぱいでてきます。
温故知新で先人たちから多くを学び、どうしても私というフィルターを通してになるかもしれないけど、それでもいいから残していきたい、守っていきたいことをこれからも極めてお届けしていく所存です。

自己満足、エゴにならず、深呼吸しながら・・・

そして私は母であり妻です。なので優先順位は子ども達と主人の健康が第一です。
子どもたちと一緒に行動することも今後増えます。
今まで家は家、社会は社会、仕事は仕事って分断した考えをしていただけに躊躇することが多くありました。
けじめやルールはありますが、分断せずに行動していきますのでご理解をいただけましたら幸いです。

目標を決めたら、何をするか、そしてやるかやらんかだということはインストールされてきたので中身をもうちょっと具体的に決めながら元旦を締めくくります。まずは散らかったおもちゃとみかんの皮を片付けてから・・・(汗)
あっ!主人がほとんどしてる・・・thanks
本年度も家族一同どうぞよろしくお願いいたします。

2017年 元旦






この記事へのコメント