餅つき2016

餅つき2016
おじいちゃん同士が従弟という遠い親戚のおじちゃん家で毎年恒例の餅つき。
今年は21臼。決められた役割分担があります。人手がないところをお手伝いするのが勝手に私が思ってる役割分担。
今年で5年目の参加でした。
こうした体験はやりたいな~って気持ちだけでできるものでなくて
熟練したおじちゃん達の基、見事なチームプレイがあってこそなせる業で毎年30日の習慣としてこられたからできることだと思いました。
そして、毎年何かしらの気づきと発見がまだまだあります。
石臼でついた餅はお雑煮に入れてもどろどろにとけないし、しっかりとした歯ごたえがあります。
あまりお餅を食べずにきた私だったけど、おじちゃんとこでついた餅は本当に絶品です。

来ている子どもたちの成長を感じられるのも楽しいひと時です。
2016motituki.jpg

総勢何人いたんだろう?

習慣になるとみんな集まるんだなぁって。
準備や下ごしらえや他にもいろいろ段取り、片付けのことを思うと苦労や体力や気力やとかあるだろうに・・・と思うんだけど
いつもおじちゃん、おばちゃんが笑顔であたたかく「また来年ね」って。
お餅が美味しい。
餅つきが楽しい。
随所随所にそれ以外にも何かうまく言えない大切なことを学んでる気がします。

今年も残り1日。明日はおせちDAY。
正直今時手間暇かけて作るの?なのかもしれないけど
1年の締めくくりに今年の感謝と来年また元気で過ごせるように・・・
やっぱり見様見真似、思い出しながら下手なりに18年続けてきた私の1年に1回の習慣行事します。


この記事へのコメント