知れば上手に付き合うことができます。

ハイテク機械
高砂市の図書館にハイテク機械があります。
これです。
hightec.jpg
借りたい本を台の上に置いてそのまま自分の図書カードについているバーコードをかざすとなんと!置いた本をそのまま全部読み取るんです。
貸出までの所要時間1分もかからない・・・
ハイテク機械にどひゃ~となりました。

明らかに違う
50年前までさかのぼらなくてもいい。ほんの10年前、長くて30年前と比べてみても明らかに違う事があります。それは電気の使用量。
パソコンはもはや当たり前、家で使う家電の量は増えて、家電のない部屋があるかと聞かれたらどうでしょうか?世界で見ても日本の技術のすばらしさもあってか家電製品の多い国ともいえると思います。当然、家の中でも・・・コンセントの数は昔に比べてたくさん必要に感じていませんか?
足りなくてたこ足配線してるなんてことも普通ではないでしょうか?
こうした時代の中で生きていて、これから家建てようとすると、自然のながれでコンセントの量も増えます。壁の中に隠れて見えなくなる電気配線の長さは40年前と比べると6倍の長さ、なんと1キロメートル弱もの長さの配線でいっぱいになっています。それだけ、電気の使用量が確実に増えているということです。

常に隣り合わせになる時代
必ず通る入り口のゲート。ここに電磁場が発生していますの文言を発見しました。
dennziba.jpg
電磁場があるということは?電磁波を発生させることができるということだよね?
ここに波をたてればそれが電磁波。このシステムって?電磁波の影響うけるってことかな?と復習しなくちゃと感じたことでした。
電磁波による健康被害への懸念は研究段階といわれてても吸い寄せる原理をしれば因果関係がないとは言えないと思っています。
昔よく遊んだ下敷きを頭にこすらせて髪の毛逆立てる遊び。摩擦させることで電気が帯びると髪の毛がくっつく遊び。電気が帯びると髪の毛みたいに物を吸い寄せる性質があることが目に見えてわかる遊びです。電気が帯びている状態のところはほこりがよくかぶっていませんか?
家電製品やコンセント廻りってほこりがたまりやすくて何故か黒ずんでとれにくいですよね。これってまさに吸い寄せているからです。静電気を帯びやすい、帯びにくいというのは素材によって変わることが分かっています。プラスチックの下敷きでなくて、木の板でこすって髪の毛さかだて実験してみてください。あきらかに違いがわかると思います。
静電気を帯びやすいということはそれだけ、ほこりや花粉、アレルギーになる物質も吸い寄せいる状態が続いているってことです。
人も静電気帯びますよね。バチって。
今の季節花粉症が億劫な人もたくさんいると思います。
花粉、花粉と気にもなりますが、家に帰ってきても何故か、症状がでるってなるなら視点を変えて、電磁波気にしてみてください。
そして、暮らしの中で電磁波と上手につきあう方法を試してみてください。
暮らしの中で上手に付き合う方法、対策方法も含めてお気軽に相談してください(*^_^*)

-------------------------------------------------------------------
♦ 3月のお知らせ ♦
♦ごぱん市出店しました♪
今月も足を運んでいただきありがとうございました!!

♦「アハっと前向きになるお片付けセミナー」
 3月27日開催しました。ありがとうございました。 
 引き続き、お片付けに関するセミナーを開催していきます。
 開催日時など決まりましたらお知らせしていきます。

♦相談、お見積り、初回プランニング作成 無料!!しています。
フルオーダーメイド、あなたの暮らしに添ったプランを作成します。
家族のカタチにあわせたプラン設計、職人直接施工が強みです。
家づくり全般、リフォーム、リノベーション相談、
DIY応援大工相談、
お片付け、インテリア、電磁波相談
暮らしの些細なことから何でもお気軽にご相談ください。

主人のブログです↓↓↓
-------------------------------------------------------------------------------------

この記事へのコメント