3.27お片付けセミナーを開催するにあたって

お片付けは健康を左右する?
お片付けって、健康にいいと私は思っています。
なぜなら、体を動かしますよね。
さらに頭も使います。脳はここに何をどう片付けようかとフル回転します。
でもね・・・心はどうですか?
達成感に満たされてスッキリ~する時もあると思いますが、
なんだかもやっと感が残るし、リバウンドしてはため息がでるし・・・と時々いろんな要因で心折れそうになることもあると思います。
自分だけならまだしも、ここに家族のモノが関わってくるとどうでしょうか?
心がモヤモヤな時は、体も動きませんし、脳だって働かないですよね。
では、このスパイラルから抜け出すのにはどうしたらいいのでしょうか?

喜んで働くこと
人は便利さを追求して何でも簡単にできることができる時代でもあるけれど、
自分が働くとき、喜んで手足を動かすのではないでしょうか?
手足を動かす(体を動かす)と右脳も左脳も回転します(脳が動きます)
脳が活発に動くときに、ここに喜びというエッセンスが加わると心が明るくなります。
体、脳、心が密接にかかわっていると思う瞬間です。
すると、自然に体はまた喜んで手足を動かし、脳はさらにフル回転して自分の得意な能力を伸ばそうと活発化して、心は充足感に満たされていくという螺旋階段のようなスパイラルにはまりこんでいくのだと感じています。
人は、体が喜んで働くことで脳も刺激されるし、心も満たされることがいろんな文献読んでいても同じことが書かれていると感じてなりません。きっとこうして辿ることができた時、心身、脳共に健康、そして成長していくのではないでしょうか?
お片付けに例えると、お片付けに対するもやっとした悩みさえスッキリすれば、お片付けって最強の健康に良い行いであると思ってならないのです。

スッキリするには
今週27日の日曜日に10:00~高砂銀座商店街にあるたかさごやで「AHA!そっか!と前向きになるお片付けセミナー」というのを開催します。
劇的Before,Afterのような素敵な収納事例ご紹介しますという内容では決してありません。
お片付けに対するお悩みを持ってきていただくことをお願いしております。
というのも、心が動かないとお片付け作業(体を動かす)ことはおそらくいつになっても現状のままだと思うのです。心が動くには、脳がAHA!ってなる瞬間があってこそと私は自身の経験からも感じています。
ではAHA!となるには・・・なんですが、そのきっかけってなかなか~なんですよね・・・
なのできっかけにしていただくことで自分にあったお片付け、また家族に対しての接し方が見つかるようにと努めるように開催します。
なので、是非、春であちらこちらで興味津々盛り上がりイベント満載でもありますが、自分にあった方法を見つけるきっかけにお越しください。
モヤモヤしている・・・お片付け(体を動かす)したいけど、いまいち乗り気でない・・・というかどうすればいいのかな?とそのまま持ってきてください。飾る必要など全く必要ありません。そのまんまで良いので~私はお会いできることを楽しみにお待ちしております♪

今日も子供達と公園遊び(*^_^*)
ウォーリーを探せじゃないけど・・・我が子を探せ的な写真です。
ちゃんと2人写っています(笑)
imagine.jpg
ここは桜、桜、桜でめいっぱいです。つぼみが今にもはじけそうにふっくらとふくらんでいます。
想像してください。満開に咲いている桜の花を(*^_^*)もうじき咲くね~
冬は必ず春となる。
自然の摂理。
セミナー近づいているのに気分は一気にお花見までとんでしまいました。

------------------------------------------------------------------------
♦ 3月のお知らせ ♦
♦ごぱん市出店しました♪
今月も足を運んでいただきありがとうございました!!

3月の注目イベントです(笑)
♦「アハっと前向きになるお片付けセミナー」
 3月27日(日)10:00~12:00 
 at:高砂銀座商店街内 たかさごや
 定員10名 残り7名 要予約  
 料金:1,500円※18歳未満は無料    
 ナチュラルスイーツとお茶をご用意してお待ちしております。
 持ち物:片付けたいけどどうしたらいいかわからない。家族が片付けてくれない。自分にあった整理収納法を知りたい。等の
 ・お片付けに対する悩み     
 ・鉛筆1本  
自分にあったお片付けの方法を知ってください♪
是非、ご家族で、お友達を誘ってお越しください。

無料相談しています。
気持ちも一新する春。
リフォーム、リノベーション相談、
DIY応援大工相談、
お片付け、インテリア、電磁波相談
何でもお気軽にご相談ください。

主人のブログです↓↓↓
-------------------------------------------------------------------------------------

この記事へのコメント