ご縁に感謝♪

ご縁に感謝

今日は高砂市高砂町の明石屋不動産 さまへお邪魔してきました。


私達からの会いたいラブコールに気さくにお応えしてくださりました。

繋いでくれたのは、みんなに愛されている八木ピッピさんこと私も大好き八木さん♪

八木さーーーん!いつもありがとうございます(*^_^*)見習うところいっぱいです♪


主人が古民家にはまりいいなぁ~と存在を知っていた不動産やさん。

高砂市に昔あった映画館、セイエイカン。廃墟と化した建物をオーナーの平元さんが買取、事務所兼自宅にリノベーション。2階、3階の自宅は昨年にリノベーションされたとのことで、図々しくもお邪魔させていただき魅せられました(*^_^*)

2時間半も楽しい時間を過ごさせていただいた平元さまの人柄にも魅了されすっかりファンになってしまった私です(*^_^*)


アカシヤフドウサンさまは古いお家を買取、その建物の良さを知り、次のオーナー様へ繋げるというお仕事をされています。


昨今、古いお家は手つかずのまま・・・たどる運命は・・・個人的には本当に残念に感じてなりません。

良い材が使用されていることも、建物によりますが、多くは自然に土に還ることのできる素材が多いです。古材はよく乾き、狂わず堂々と強さをほこっています。強さと言うより・・・しなやかさかな。


年を重ねたからこその良さは決してすぐには得ることのできない良さが詰まっています。ここで得る懐かしさと落ち着きはここでしか得られないです。

その価値に魅了される人も多く、今の時代は手に入らないことも重なって暮らしに取り入れたい!と強く希望する人もいます。


そして何より、こうして人によってまた生まれ変わることができる魅力も満載です。


その度合いは人それぞれですが、古いお家からでてくる家具も取り扱いされています。

昭和レトロ感満載です。


住居部分は最高の贅沢が詰まっているなと感じました(*^_^*)



akasiyahudousan

薪ストーブ写真撮るの忘れた~(-_-;)

大工さんが仕上げた壁面はさまざまな木材がランダムに造作されているのですが

かっこよすぎました!



daikuwaza

私は家具の脚が好きなタイプでして・・・

そこにさまざまなフォルムとバランスがいつもキュンとなるタイプなのですが

この大工さんの継ぎ方!!!

絶対造っているところ何時間でも見とける!!!



kanawatugi

平元さん曰く、大工さんのアピッた部分(笑)

平元さん!おそらく、金輪継ぎ、柱の修復の時によく使用される継ぎ方でした!

大工さんに確認してみてください(*^_^*)


この最後の栓いれる瞬間の仕事、横取りしたい(笑)っていったら怒られますね・・・


本当に楽しいお時間をいただき、素敵なご縁に感謝いっぱいでなりません。

今日は本当にありがとうございました!!!




私は不動産やさんではありませんが、暮らしを今後どうしたいか、どんなお家を造ればよいか、

また、どんな設備や内装や・・・家具は・・・自分達の暮らしに合わせてどうしよう~となる方のお話をきき、形にしていくことをお手伝いしています。


多様化している価値、そしてそれぞれのライフスタイルにあわせて

もっとも大切にしているのがヒアリングです。


自分達の暮らしは当たり前ですが、自分達が主役です。

当然、自分達の暮らしをデザインするのは自分達だと思っています。

どんな暮らしをしているかによってお家だって変わって当然です。

これからもまずは、暮らしの土台部分を見つめ直して向き合ってみて、そこからスタートする暮らしづくり、家づくりをサポートしていきます。


そのためには必要な図面やパースで整理してアドバイスがいるんです。となると思います。

そこは是非お任せください(*^_^*)


リフォームが必要な時、リノベーションしたい!時

そこまでいかなくても、お片づけだけすればいい時だってあります。


まずは自分自身、そして家族の暮らしの土台から見つめてみるのはいかがでしょうか。

私達も日々、切磋琢磨して勉強しておりますので、是非いつでもお待ちしております♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


sone base ナチュラルライフオーガナイザーの秋田真沙美です。


兵庫県高砂市曽根町をベース(拠点)に、

暮らしのベース(土台)作りをサポートしています。


リフォーム、リノベーション 
お片づけ相談、インテリア相談、大工さんによるアドバイス相談


暮らしの事、お住まいの事、何でもお気軽にお声掛けください♪

http://www.sonebase39.com/


このタレをつけて一緒にいただきます。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック