お礼参り

クリスマスも終わったし、ここからラストスパート!

子供達とお正月飾り用にお花屋さんへ行き、

おせち材料今日買う分お買い物し、

午後から曽根天満宮にて家族そろってお礼まいりに行ってきました。



oreimairi

以前、ライフオーガナイザー同期のマキさんが今の時期にいくのが空いていてオススメと記事に書いていたので♪




「今年1年本当にありがとうございました。

おかげさまで、家族皆元気に過ごすことができました。

本当にありがとうございました。」




普通、心の中で言うのでしょうね。

でも人が少なかったから、子供達と復唱しながら声に出して伝えました。


空いているときに行くの、本当によかったです(*^_^*)




sonenomatu

こちらは曽根の松です。




話はちょっと飛びますが、

主人が一人親方になって活動して7年。

私は何の縁なんか(-_-;)その頃から確定申告というややこしい業務をしてきました。

地元の曽根に引っ越ししてきて5年。

ご縁をいただき元請けにてお仕事をさせていただくことがでてきて、妊娠、出産、家事、育児という傍らできる仕事のお手伝いをしてきました。

お仕事をしていく体系やいろんな出来事があると、帳簿の世界は私には未知だらけ・・・

専従者として青色確定申告へと変更し、これまた、もれなくつけなくてはならないややこしい書類の数々・・・

放り投げたくなることは何回も(-_-;)

社会の中での職人の世界って何?って感じることありました。

賢くならな生きていけない!!!って痛感し

税務署の無料相談受けまくり、なんとか使いこなせるソフトを使い帳簿整理・・・

私のもっとも苦手な分野です(-_-;)




なんせ!お腹がすく!!




毎年、年明けてもやっていた作業を、今年は絶対持ち越したくなくて昨晩気合いでまとめました。後は、申告時期に現時点でわからないことを無料相談利用して聞きまくり提出するだけ。今年はまた、おじさまに「わかりやすく教えてください。」と言ってしまう予感しまくりです(-_-;)理解が遅いのでご迷惑おかけしないか・・・と今から申し訳ない気分・・・




私にとっては、ややこしすぎる書類を通して思うことは

数字って正直~。

だけどね・・・数字で表れる書類をどう読むか。

そこはまさに!凝縮された世界です。




数字見ると記録と同時に記憶がよみがえってきます。




山あり谷あり、長めのトンネルだったり、起きあがった時やなとか・・・

道がなかったら道を作って・・・いろいろあるけど、歩き続けること。

そんな歩き方が数字にはがっつりでてきます。


形は変わりながらでもいいし、私達も日々いろいろ成長中だから


今年は今年でこれでいいんや!って切り替えました。

そしてやっぱり気付くのは、元気に過ごせて生きているからこそ!

何より有難いってことです。




今まで、お宮さんに行っても初詣で「家族みんなで健やかに過ごせますように」って図々しくお願いしていました。


これからは、一年の締めくくりに「今年1年も家族みんな健やかに過ごすことができました。ありがとうございました」と伝えることにします。



帳簿整理して、一年を振り返りいつも以上に感じました。



やっぱり、3月までいける!って後回しにせんとこれからも気合いのいる帳簿整理年内になんとか整理していこう!



それにしても数字って正直すぎるわ~~~


そして、以前、S様にいただいたリースになった枝を利用し

自己流お正月飾り作成。


arange


リースが円なので、廻り続ける縁とかけて・・・


松は常緑、1年中青々としているので永遠、不老長寿の意味があって年神様をお迎えします。

千両は冬に赤い実がなるので貴重でおめでたい。

梅は1年のはじめに花が咲き、開運など縁起物だそうです。

お花屋さんに教えてもらいました(*^_^*)


自由にアレンジする楽しさ♪

真ん中の梅の枝、白い花が咲いたら・・・常緑の上に紅白でめでたいになります♪

と自己流アレンジでした。

あやかりすぎ?欲張りかな(-_-;)



syougatukazari


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


sone base ナチュラルライフオーガナイザーの秋田真沙美です。


兵庫県高砂市曽根町をベース(拠点)に、

暮らしのベース(土台)作りをサポートしています。


リフォーム、リノベーション 
お片づけ相談、インテリア相談、大工さんによるアドバイス相談


暮らしの事、お住まいの事、何でもお気軽にお声掛けください♪

http://www.sonebase39.com/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック