木の個性をお借りする

SONE BASE ナチュラルライフオーガナイザーの秋田真沙美です

兵庫県高砂市曽根町をベース(拠点)に、

暮らしのベース(土台)作りをサポートしています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家の南面ベランダから見える大きな桜の樹

見事に色づいてとっても綺麗です(*^_^*)



rakuyouzyu

朝はシャッシャッとお掃除するおばちゃんがほうきで落ち葉を掃いている音がします


落ち葉が落ちて冬になるとお日様がさんさんと降り注ぎます

葉が落ちる木を種類でわけると落葉樹と言います


年間を通して常に緑が茂っている木は常緑樹


この木の持つ個性を暮らしの中にちょっとお借りできれば

家づくりも暮らしづくりも自然と一緒に過ごせるんだろうな~って思います



example

ラフ図でまた失礼します(-_-;)


こうして家を建てるとします

南面には落葉樹

北面には常緑樹


お庭に木を植えるときに配慮される手法です


というのも・・・


南面には

夏はギラギラのお日様の日射を遮ってくれるから南面には落葉樹にします

日射を遮るだけでなくて涼しい風もソヨソヨと葉音と一緒に入ってきます


冬には落ち葉が落ちてお日様が部屋の中まで届きます



北面は

家に面する葉っぱがお日様で照らされて明るくなります

その明るい部分を家から見ることができます

光を拡散して部屋に届けてくれるということです


常緑樹は目隠し効果もあります


自然界でいつもおもしろいな~って思うのは

相反することでもちゃんとそれぞれの個性を借りれば

本当はそれだけで

調和してすごしていけるんじゃないかな?って感じるのです


夏暑くてたまらないなら、例えばこうして木の持つ個性を理解して太陽や風とつきあってみる

だからその個性をお借りしま~すってすればいいって


他にも西日は太陽の位置が低くて遮るのが難しいから西面には窓を多く設けず

よしずや今ならグリーンカーテンをしておくとかもお借りしてくるってことだし


食べ物だってそうで

冬、体をあたためたい時期には

冬に旬になるお野菜は体を温めてくれる効果があったりします


それを食べていただくこともその特性をいただいて、お借りして私達も成り立ってるんだなって

いつも思います


すると、何をしなければならないのか・・・って

ちゃんと個性を知ろう(*^_^*)

でもって、お借りしたなら返さなきゃって思います

今、返せてるのかな?


私ができる精一杯のお返しは合成洗剤を使わないことです


いっぱいいただいてお借りしているってこと忘れず

何を返せるのか考えていこうと思います


なんか話が漠然としたものにとんでしまった・・・???

ではでは今日もチャオ!!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433361386

この記事へのトラックバック